yamaan

yamaanで囲炉裏ライフをクリエイト②

  • LINEで送る

こないだ作った「火吹き竹」があまりにも好きすぎて…

didgeridoo - 1

もう、バカ! 4本も作っちゃった☆

ま、予備+ゲスト用ということで。

さらに竹が余っちゃったんで…

 

didgeridoo - 5

こんな長い竹でも作っちゃうもんね。(長いから節を抜くのに苦労しました)

そんなに長いと囲炉裏で使えないでしょって思うだろうけど、これは火吹き竹にはしない、楽器にしちゃう。

 

そうコレ! ディジュリドゥ!

オーストラリアの原住民、アボリジニの伝統楽器である。(出展:Wikipedia

 

didgeridoo - 7

本場のディジュリドゥはユーカリの木なんだけど、ここは日出ずる国:ジャパン。

それを和風に竹で作る!

…と言っても節を全部くり抜くだけ。さすがにこれだけじゃ味気ないので、竹製品を作るうえで役立つTIPSを紹介しよう。

 

didgeridoo - 3

竹を長持ちさせるためにやらねばいけないのが、

油抜き!

その名の通り、竹の中の油分を抜くわけなんだけど、これをやらないと中が腐ったり、虫喰いの被害に遭う。具体的にはどういう処理をするのか。

火に炙る!

こうしてメラメラと燃えさかる炎に竹を突っ込み、ハードに熱する。

 

didgeridoo - 4

そうすると竹の表面がテカテカと光ってくるから、それを布巾で拭き取っていく。

竹油を拭き取った布巾はこんなにも黒くなる。

大体、青みがかった部分に油分は多く含まれているんだけど、こうして油分を拭き取ると黄色っぽい竹肌が姿を表す。これをひたすら繰り返す。

 

didgeridoo - 2

画像、節から左部分がまさにこれから油を拭き取る直前の状態。(青っぽくテカテカしている)

節から右部分が油分を拭き取った後。(黄色っぽくなる)

この処理は、調子こいて4本も作ってしまった火吹き竹にもちゃんと施した。

 

そんなこんなで完成した竹製ディジュリドゥの音はこちら↓

唇の振動で音を出します。(循環呼吸不可、下手くそ極まりない、あくまでサンプルです)

 

 

 

  • LINEで送る

 

あれから2年、元気な男の子を授かりました!

2年前、僕は思い切ってお嫁さんを募集した。 そしたら人生の目標を共有できる素敵な人と会うことができた。 数ヶ月…

2018年もすでに半分が過ぎ、俺はこんなことに没頭中。

いや〜、光陰矢の如し! 時が経つのは早いね。 幸せなひとときだったり、何かに熱中してるときって、ほんと急に未来…

珈琲豆を自家焙煎してみた

2年前のプレゼン@はただ酒店以来、すっかりファンになった野口さんのコーヒー。   おかげでそれから毎…

あけおめで、メルマガ配信終了のお知らせ

あけましておめでとうございます! 年明けというのはなんとうか、新しいことが始まる予感がしますよね☆ そんなとき…

人事部からのお知らせ:2017

お久しぶりです! しばらくホウチング(放置)してしまっておりましたが、我が社関連の記事をー! お嫁さんが来てく…