掲載情報

懐かしい記事を発見!2006年元旦の朝日新聞(青森版)

  • LINEで送る

ちょっと昔の資料をガサゴソしてたら、ちょっと懐かしくてハズいものを発見。
ん〜、良記事。
10年後の今にも、いや今だからこそ大事な内容だと思う。

「幸せ」とは何だろう?

これを読むと、その答えのヒントがあるかもしれない。(ついでに俺の本名がバレる_笑)

以下、記事全文。

 

幸せレシピ

 

長い手足を優美にくねらせ、体全体を音楽と同調させた。目はうつろだが、指先まで緊張している。

田村淳一さん(28)の前衛ダンスは友人らを魅了した。田村さんにとっても「最高のとき」だった。

05年12月2日、八戸市の郊外。溶接で芸術作品を作る友人 (41)の工房が完成し、約100人が集まるパーティーがあった。田村さんは踊りで「おめでとう」との気持ちを伝えた。

多いときで月1回、友人らが催すイベントで舞う。頭を「無」の状態にして自らの動物的感覚にゆだね、感性を全身で表現する、という即興ダンス。イベントの趣旨が分かれぱ、その思いで体が動く。「パワーをもらえるんです」

あえて東京は目指さない。「雑音の多さに自分を表現できなくなる」と言う。ただ、今 夏、旅立つつもりだ。アジアの歴史や風土に浸り、そこで生きる人たちと触れ合い、ダンスに生かしたいと思うからだ。 

… 

ダンスは、大学の職員から教わった。本格的に始めたのは青森公立大(青森市)の学生時代。卒業を控えた02年のことだった。

その年の7月、青森県の有効求人倍率は0.29倍に落ち込み、沖縄県を下回り全国で最低に。それ以来3年4カ月、全国最低記録を続けた。

大学の友人は、就職活動に懸命だった。業種を問わず、50社以上受ける人もいた。

「世の中ではそれが正しい」と理解しながらも「彼らはいったい何がしたいのだろう」との思いは消せなかった。自分を表現する手段としてダンスにのめり込んだ。

大学卒業後、建設現場などで働いた。無理に仕事を探すことはしなかった。「義理人情を一番大切にしている」と言うだけあって友人が多く、頼まれ仕事も多かった。イベントの司会、運 送業の手伝いもこなした。

収入は月に2万から13万円。青森市内で1人暮らしする月3万円の家賃に足りない月もあった。コンビニでパイトする友人から賞味期限が切れた弁当をもらったほか、「余るほどあった」コメにみそ汁だけ、キムチだけ、という組み合わせで食いつないだ。

コメは福地村にある実家から届いた。3カ月に1度、弟の修さん(23)が実家で採れた野菜やリンゴと一緒に運んでくれた。食費はほとんどかからなかった。

今も、ダンサーとしての収入はほとんどない。ただ、大学時 代、お笑いユニットを組んでいたことが買われ、05年春からFM青森のアシスタント・リポーターとして週3回、番組に出るようになった。安定した収入は初めてのことだ。

弟の修さんもアーティスト肌。実家の農業を手伝いながら、デザイナーを目指し、個性的なデザインの服飾品を自作プランド名で作っている。

腕が4本もあるジャケット、デザインの中にシワを取り込んだパンツ…。年20着ほど、友人から注文を受ける。売り上げは月4万~0円。別にバイトもしているが実家の離れにある8畳間に住み、食と住に困ることはない。 

… 

弘前市の弘前大人文学部付属 雇用政策研究センター。05年暮れ、仕事に対する若者の意識調査の集計作業が始まっていた。

「んー」。李永俊助教授(労働経済学)と石黒格助教授(社会心理学)はうなった。若者は、青森経済に暗い見通しを持ちながら「青森が好き」との傾向だったからだ。

年末の中間集計で、「青森県は経済的には今以上によくはならない」との質問に73%が肯定した。一方で、77%が「地元のことがとても好きだ」と答えた。正規雇用者とフリーターを含む非正規雇用者に分けても傾向は同じだった。

分析を進めると、生活に満足している若者の8割以上が、「個人的な悩みを話せる人が2人以上いる」と答えた。2人の助教授は「多くの若者にとって大切なのは、経済的価値より人間関係と地城への愛着」ととらえる。青森市と藤崎町の15-34 歳の男女1142人を対象にした調査の分析は2月中にも終わり、さらに本格的な調査を進める方針だ。 

… 

1日、福地村、名川町、南部町の3町村が合併する。

田村兄弟の父親、秀雄さん(57)は合併前の12月、名川町役場の改修工事現場で働いていた。役場は合併で分庁舎になるため、部屋のレイアウトを変更する工事だ。

秀雄さんは兼業農家。行政関係の仕事は久しぶりだという。数年前までは定期的に、役場関連の仕事が回ってきた。最近、めっきり仕事が減り、民間マンションの建設に日帰りで盛岡市まで通うこともある。

「三位一体で大変だとか」。役場関係者が漏らすことを何度か聞いた。「入札価格はどんどん下がる」と言う。国が地方への交付金を減らす三位一体改革が進み、村の収入の半分以上を占めたこともあった地方交付税は04年度決算で全体の31%にまで落ち込んだ。

62、63歳になれば大工を辞めて、定年のない農業に専念するつもりだ。

秀雄さんは「子供には公務員になってほしかったが、親の言うことも聞かないで」と愚痴る。それでも「それぞれ、しっかりとした目標を持っているからな」。2人の息子を、少し誇らしげに言った。

3年4ヶ月続いた全国最低の有効求人倍率。ただ、0.5倍を超えたのは過去40年で、バブル経済期の89年からの4年間だけだった。その厳しい現実の中で、青森県民は幸せなのか。若いダンサーの場合、夢と友人、そして実家のコメを「材料」に「幸せ」を作っていた。経済指標では表せない「幸せレシピ」を探った。 

写真:「ウッド(木)」をテーマにした田村淳一さんのダンス(坂本さくらさん撮影)

Print

  • LINEで送る


 

メルマガをお届けします!
(月に1〜2回くらい配信されます)

 

うちみるフォーラム2017、無事終了!

いやっほー!楽しく無事に終わりました! 隙だらけで、その上準備も全く間に合わなかった、うちみる初イベント「フォ…

大地のトイレができちゃったヨ@うちみる

12個もあるプロジェクト、その中でも如何にして環境に低負荷な排泄ができるかを追求する… 大地のトイレ! その第…

「うちみるフォーラム2017」開催しまっせ!

我が社の数々のプロジェクトの一部にして、俺とお嫁さんの生活のすべてとも言える「うちみる」プロジェクト。 そのう…

我が社、遅すぎる「総会」を開催します!

まずはいきなりですが、謝ります! 遅くなりまして大変すみませんm(_ _)m! 今頃になってようやく我が社の「…

【お嫁さん募集完結】入籍しました!

大変長らくお待たせいたしましたm(_ _)m! 入籍しましたー! なんのこっちゃ分からない人は以下のリンクでお…