お知らせ

2020年のオシゴトを受付開始します。

  • LINEで送る

先日、辞めた始めた報告をさせていただきました(それも長々と)。

さらに辞める、そして始める。

とにかく長い記事だったので、ほとんど最後まで見てくれないかと思いきや、有り難いことに結構な方々が読んでくれて、しかも早速お仕事の問い合わせも数件いただきました(ToT)〜涙!

よし、頑張る頑張っちゃう頑張ってみるぞ、俺!
というわけでありますが、私という人間はどーにもこーにも面倒臭い性格をしておりまして、過去に仕事への理不尽さを覚えてムッキー&フガー(やりきれない叫びの意)ってなっちゃって制作業をみんな辞めたのでありました。

その経緯についてはこちら↓
(まだ見たことない人は必ず見てから次へ進む)

【やめます宣言】デザイン/映像とかの制作業。

↑うん、今読み返しても苦い思い出が蘇ってきます_笑

だから、失敗は繰り返しません。
ボクなりの仕事受注の新ルールを令和2年3月4日(234と覚えやすい)に制定させていただきました。

それではどうぞご覧ください。
そして、ご理解とご共感がある方はどうぞオシゴトのオファーをくださいまし!

2020年、YOiCHi.PDF が承るオシゴト。

まず、いきなりなんですが、

受ける「人」、「仕事」を選ばせてください。

ごめんなさい、仕事内容うんぬんより先にこれでした(*^^*)

どんなに名の知れた人からの依頼でも、どんなにギャランティが良い仕事でも受注できない場合があります。

ボクのオシゴト、ポイント3です↓

ポイント①:まずは相互理解(仕事以外の部分)

面識が無い、または薄い人(1〜2度しか会ったことがない人)のご依頼については仕事内容に関わらず即決はできません。一度、我が家(うちみる)までご足労いただき、お互いの理解を深めたく思っています。

まずはお互いを知ってからオシゴト!

「共感」という、感覚を共にするという作業前の準備って大事です。
多分、相性が悪い人っていうのは、そのへんがウマくいかない人なんだと思います。

世の中の仕事って忙しなく動いているせいか、そういうのがスッカリすっ飛ばされています。お金と業務のドライなやり取りはあるけど、心のやりとりがないんです。そんなんだから「AIに仕事が奪われる!」とか言って怯えちゃうわけです。

また、「そんなことしてられない!こっちは急いでるんだ」って御方はどうぞ他をあたってください。そちらの忙しさにボクまで道連れにしないでください。

ポイント②:善き人のために、善き仕事がしたい

世の中には良い人だらけじゃないよね。
単純な好き嫌いでは表せないレベルの悪い人もいる。
それは例えば、ゴミをポイ捨てしたり、ケチを越えたガメツさだったり…
悪事としてはケーサツが動けないような小さな事柄でも、明らかにアウトでしょって人。

どんなに素敵で高額なお仕事だとしても、そういう人のためにイノチの時間を使いたくない。そんなことなら子供のウンチまみれの布オムツを一日中洗っている方がよっぽどの誉(ほまれ)と言えます。

善き人にだからこそ、善い仕事をしようと思う。
これって本来自然なことですよね、きっと。
だけど、悪い人のためにセコセコ頑張って仕事しちゃってる人がどうもこの日本には多い気がする。
善い人のためにやってなけりゃ、世の中は悪い方に傾くに決まってます。

ポイント③:未来に恥じない仕事を

今の世の中って、目先の利益追及・消費促進ばっかり。
大量生産・大量消費で、ロスもゴミも出まくる。
ゴミの日の集積所は毎回ゴミで溢れてます。

そういうのが、地下(下水や土壌など)にも空(大気)にも蔓延しています。

これでいいのかと毎日のように思ってしまいますが、これって皆の生活や仕事のしかたで変えることができます。

無駄なもんは買わなきゃいいんです。
安易に買わずに、身の回りのもの(できれば自然由来のもの)で作って使ってみればいいんです。
逆に、無駄なもんも売らなきゃいいし、作んなきゃいいんです。

そんなんじゃ経済が回らないですって?
そんなの回さなくていい。
どんなに回しても儲かるのは外国人投資家で、日本人にはほとんど還元されないし、経済を回すために一体どれだけの自然環境や人間が犠牲になったんだろうか。
自然の循環さえ健やかに巡っていれば、動物や虫と同様に人もその恵みにあやかることができるはずです。
それには一昔前のちょっと不便な生活スタイルに戻らないといけないじゃん!と思ってしまうかもしれませんが、現代の利器も要所で使いつつ、ちょっとしたバランス調整さえすれば十分に快適です。

「自給自足フィールド:うちみる」では、そんなバランス調整に一役買う講座やワークショップも随時受け付けています。(宣伝、明らかな宣伝)

とにかくボクはこれから、未来と自分の子供に恥じない仕事をしていきたいんです。

なので、時として依頼主さんに、

その仕事って別に無くてもいいものじゃないですか?
未来のことを考えてますか?
単なる夢やエゴじゃないですか?

キレイでオシャレな「ガラクタ」作りになっていないでしょうか?

とか、イヤミに問いかけるかもしれません。
仕事そのものはもちろん、デザインの詳細な要望に対しても問いかけるかもしれません。どうかご容赦ください。


と、仕事の詳細内容に触れる前に長々書き連ねてしまいました(*^^*)
さて、やっとここからがお仕事の内容です↓
お仕事を依頼してくださる前に読んでいただけると幸いです。

では目次:

御用聞屋(便利屋)

http://54kikiya.naturebounds.com/

こちらに関しては別途WEBサイトができておりますのでそちらをご参照くださいませ!
専用免許や資格が必要なもの、法に触れるようなもの以外は頑張って対応させていただきます。

廃材建築

下屋の増築@うちみる(2019年3月)
こんな感じのものの施工目安は5日前後で10〜15万円。

廃材利用で建築いたします。現地にある廃材も利用可能です。
基本的に施工主さんのご意向に沿うカタチで進めていきます。
なので廃材のみとは言わず、新材も取り入れることもできます。
また、新築前の解体作業もOKです。

作業賃は大体すべてのオシゴト共通で、1時間あたり2,000円で設定しています。
なので、施工主さんが積極的に作業をお手伝いしてくれたら、それだけボクの作業が減るのでお安くなりますヨ。

基本的な建築スタイル

土台や柱を支える資材としてはコンクリートか石がメインになりますが、ベタ基礎はコンクリを流す型枠作りやら穴掘りやらと大変です。
さらにはいざ解体&撤去となった際に、そのコンクリは全て砕かれるので再利用が難しくなります。(コンクリートの土間も同様です)
なのでお引き受けする建築の土台や柱受けはすべて「束石/沓石タイプ」になります。これなら解体した後も引っこ抜いてまた使えます。
ちなみに建築は平屋のみ承ります。2階建になると束石/沓石が法律的に使えず、工期も長いし、安全対策もこれまた大変です。
リサイクル可能な資材、始末の良いものを使います。

もちろん、違法建築にならないよう、建築基準法は遵守します。

廃材建築でありがちな誤解を今のうちに正すよ

「廃材ってタダなんでしょ?だからほとんど工賃だけしかかからないよね?安く作れるんだよね?」

っていう誤解があったりします。
うん、そうだよ。ただし…

その廃材を自分でゲットして、自分で全部施工するならねっ!

つまり、自給自足的に本人がやるなら、そりゃお金はほとんどかかりません。
ここで、廃材建築をする場合の流れの一例をご紹介しましょう↓

  1. 廃材情報を入手して、解体現場にGO!
  2. 家主さん、そして現場監督さんにご挨拶&話し合い
  3. 現場に足繁く通っては廃材運搬
  4. 廃材を整理しながらの釘抜き作業
  5. 解体でダメージを受けていたり、経年で変形していたりと様々な木材を見ながらの使えそうなものを仕分ける
  6. 使用する材が決まったらカンナがけなどして磨く
  7. ふー、やっと墨付け(加工線を木材に付ける/書く)

廃材の情報をもらえるかどうかは日頃の周囲に向けた「廃材欲しい」キャンペーンが大事だし、いざ現場に行っても最後まで家主さんに怪訝がられることもあります。
埃まみれはもちろん、天候によっては泥だらけになりながらの廃材運搬になったりします。これまで何度、突き出た釘でケガをしたことか(*^^*)
んで「さぁ墨付けするぞ!」っても材がねじれていたり、反っていたりすれば墨付けにも加工にも倍以上の時間がかかります。

そんな手塩にして仕上げる廃材を…

タダで提供するわけないじゃん。

もちろん「そんな手間かけてるくらいなら、新品買った方が良くない?!」ってツッコミもあるでしょう。ボクもこんなことやっていてそう思うこともあります。

だけどね、森が育んだ樹木と大工さんが流した汗が、ゴミ処理場に直行すると思うと、

なんだかスゴく悲しくて、勿体なく感じるんです(ToT)

そんなわけで廃材は全て有料です。ただし、釘穴や汚れがあるものを新品同様の価格にはしません。目安としてはホームセンター価格の4分の1くらいでご提供します。(カンナがけや研磨などする前の状態です)

廃材建築は「何にお金をお支払っていただくか?」という問いでもあります

廃材建築ってのは、確かに新材よりはるかに材料は安く済みます。
ですが先述の通り、その分、作業時間がかさみます。
つまり、資材代は安いですが、作業賃は高くなります。

逆に、ホームセンターなどで新材を買えば、材料代は高くなりますが、作業時間が大幅に短縮され、作業賃は安くなります。(これを「慣行建築」と仮に呼びます)

廃材建築だと作業内容にもよりますが、慣行建築よりもせいぜい2〜3割安くできるっていう程度かなと思います。

廃材建築は当然、中古材を使いますので完成してもいわゆる「新築感」は皆無です。完成したばっかなのに築5〜10年くらいに見えるでしょう。

かたや、慣行建築は完成したときはそれはそれは輝いて見えるでしょう。
周囲に自慢したくなるくらいピッカピカです。

大概の方は、料金が2〜3割しか違わないなら後者を選ぶと思います。
ほとんどの消費者という人は工場で均一に作られたような「キレイ」なものが好きですから。
「キレイ」を欲しがると、お金をひたすら「モノ」に使うようなイメージがあります。

一方で廃材建築は極端な言い方をすれば、モノではなく、「ヒト」にお金を使うという感じです。その手間ヒマにお金をお支払いしていただくというイメージです。

そして、廃材だけが醸し出せる物体としての歴史というか、どうしても取れない汚れの力強さというか、廃材ならではの「美」というものがそこにあるように感じています。

すみません、廃材を語ったら長くなってしまいましたm(_ _)m

そんなこんなでどうかご理解ある方のみお問い合わせくださいませ!
打ち合わせ&現場下見&お見積もりに伺わせていただきます!

廃材クラフトワーク(主に看板/POP/店舗什器の制作)

うちみるで掲げている廃材看板
いい感じの板にペイント(上)する感じなら2,000円〜。
文字彫りなら3,000円〜。

廃材をマテリアルに看板だったり、POP、店舗などで使用する什器の制作も承らせていただきます。既製品にはない、ハンドメイドなオンリーワンをお作りします。

廃材使用の特性などについては、前の項目「廃材建築」をご参照の上、ご理解ある方のみお問い合わせください。

作品例

古箪笥の引き出しにガラス扉をつけた「せんべい陳列棚」
制作料目安=8,000円。
くらしの工夫アイテム「収納式かべ付き物干し竿」
<収納時>
<使用時>
制作料目安=10,000円。

デザイン(紙媒体)

画像は関連性ありません。
レスリングです。

こちらは過去にもやってきたお仕事です。
神経質な方、過剰な美意識をお持ちの方はご遠慮いただけますと幸いですm(_ _)m!

廃材仕事のような特異性はほとんどございませんので、料金の目安や注意ポイントのみ明記します↓

  • フライヤー/ポスター:3万円〜
  • パンフレット:5万円〜
  • 名刺:1万5千円〜
  • ロゴデザイン(WEB・紙媒体共通):3万円〜
  • 画像/PDF資料デザイン:3万円〜
  • CD/DVDジャケット:5万円〜

上記は個人利用、または公益性の高い案件の場合です。
商用性が高い案件の場合は、上記料金よりも割高になります。
ロゴのデザインは使用範囲によりかなり異なります。団体組織などの表札としての使用以外に、Tシャツやシールにして販売したり、大きなフラッグにして掲げたりする場合は割高になります。
これって結構シビアにしないと、ボクがデザイン(またはイラスト)したものが勝手にTシャツなどのグッズになって売られちゃってた〜(ToT)!ってなります_笑

デザイン・動画制作シゴトでは特別割引がある場合が!

なんか知らないけど、めっちゃ早く仕事が終わっちゃったときは、上記料金から最大50%OFFになります。
例えば、依頼主さんの明確なデザイン指示があってヘンに悩まずに済んじゃったとか、
良くも悪くも依頼主さんの方で「まぁいっか」と妥協してくれたとか、
そういう感じです。
依頼主さんからのご要望があやふやだったり、こだわりが強くて何度も修正が出たりしますとその分、作業時間がかさみますので料金も相応になってきます。

毎月発行するような定期的なもの、お金に関する詳細は、記事の終わりの方に書きますのでそちらをご参照ください。

なお、冊子のデザインについては経験がないので受注できません。

ご不明な点はお問い合わせください。

デザイン(WEB)

画像は関連性ありません。
宇宙飛行士です。

こちらも紙媒体デザイン同様、神経質な方、過剰な美意識をお持ちの方はご遠慮いただけますと幸いですm(_ _)m!
そういう人は自分でPCソフトの使い方覚えて気の済むまでやってくれー!(心の声が漏れた)

こちらはご依頼主さんが求めるサイトによって、作業ボリュームが全然変わってくるので、直接お会いしての打ち合わせに依存するところがあります。

基本設定としては、1サイト=5万円から承ります。
微細な更新(ちょっとしたテキストや画像の変更など)に関しては月に1回まで無料です。2回目以降は1回につき、1,000円頂戴します。
1ページを丸々更新とかの作業ボリュームの場合は、別途お見積もりします。

また、サーバやドメインをボクの方で代行契約設定する場合は、年間 6,000〜7,000円の管理料がかかります。
ご自身でサーバとドメインを契約した場合は、任意料金を実費負担になります。

WEBデザインも「特別割引」(紙媒体デザイン参照)あります。
サクサクっとできればお互い幸いに思いますm(_ _)m

動画制作

画像は関連性ありません。
馬を愛でる女性です。

こちらも場合によりますが、ロケあり、録音/音入れあり、特殊効果ありetc…でバラエティに富むオシゴトなので、ご依頼主さんが求める映像によって作業ボリュームが相当変わってきます。
直接お会いしての打ち合わせをしてみないと何とも言えないのですが、ドラマのような長編&長期にわたる映像はお引き受けできません。(なんせいろんなオシゴトしてますので…)

商品や団体のPRやイベントなどの記録、プレゼンや講演資料、余興映像なども承ります。

基本料金:5万円〜です。

「特別割引」(紙媒体デザイン参照)ありです☆

〜シゴト受付期間・優先順位〜【全シゴト共通】

ウェルカムは日没まで

さて、そんなこんなでオシゴトをスタート&再開しましたが、そこはワタクシ働き方改革。
年中仕事ばかりして過ごすつもりはありません。

ボクには「自給自足」というライフテーマがあるし、できれば外の仕事はしないでずっと家族のそばにいたい。そういった気持ちを、仕事という波で書き消したくありません。

なので、自分で制限を設ける必要が出てきます。

記事冒頭では、人と仕事内容の制限を書かせていただきましたが、ここでさらに…

「時間」(期間)という制限も設けさせてください。

ひとまず、受注期限は…

2020年5月末

とさせて頂きます。
この期限は納期を含むわけではありませんので、納期は今年の12月でも来年2月でも大丈夫です。
この期限内に打ち合わせや下見、見積もりなどをして、お互いのGOサインを確認できれば受注完了です。あとは納期に向かってスケジュール調整しながら作業を進めていきます。

定期的なオシゴト(月に1度とか)依頼は、毎回どのくらいのボリュームになるか(or するか)を事前にしっかり打ち合わせる必要があります。毎月の作業量が他の作業に差し支えるような場合は、スミマセンお断りさせていただきますm(_ _)m

定期契約は収入安定につながるんですが、どれだけ稼ぐかではなく、どれだけ多くの人に貢献したかを重視したいと思っています。
おそらくですが、定期的オシゴトに割ける作業時間はひと月あたり2〜3日かと思います。

そして、もうひとつ。

優先順位があります。

優先すべき人は、困っている人と近くの人。
優先すべき仕事は、より良い未来を作るために重要なこと。

↑これに尽きます。

例えば、同町の友人の小屋が倒壊しかけていて「早く解体しないと危ない!明日は強風注意報も出ている!」なんて事態になっているのに、「となり町のパン屋さんのWEBサイト納期が明日までだから」って、困ってる友人を助けないのってどーなのさ?ということです。

こういう場合、ボクはWEBサイトの納期を延ばしてもらうよう、パン屋さんにお願いして友人の小屋の解体に出かけると思います。

普通のサラリーマンはなかなかそういうことしないと思うけど、ボクはやりたいやらねばいけないやれるだからやる。
ボクはそんなヤツであることをご了承ください。
(納期は余裕をもってご発注くださいね♡)

大都会じゃ駅のホームで人が倒れていても、みーんな知らんぷりだという…
自分の仕事優先、俺は急いでる、いまケータイでゲーム中、倒れている人のケアは駅員の仕事でしょ的な思考で急ぎ足でその場を立ち去るわけです。

おーい、どーしたニッポン。
国民は何を優先して生きればいいか、完全に見失ってるゾー。

…って思うんです。

〜最後に「お金」のこと〜【全シゴト共通】

タイ通貨:単位はバーツ

すみません、今回も長々とm(_ _)m
(もう3日ぐらいかけて書いてる)
最後の項目になります。

お金という概念すらなかった縄文時代から数えて1万年。
何がどうなったか知らないけれど、現代は「お金」がなければ不便を超えて、生きていけません。

働くことでお金を得ることができます。(ギャンブルとか例外もあるけど)

赤ちゃんや幼児以外、ほぼみんながお金を利用している。
たまに小学生の方がボクよりお金持ってたりする_笑

そんな身近なものなんだけど、その性質ゆえか、それを語るときにハッキリ言わない傾向がある。
あんまり言うと、下品だ、ガメツいだの言われちゃう風潮。
あんなにキラキラしてたり、美しい印刷がされているのに、なんだかグレーな性格があるように思います。

明確な予算や料金の話もないまま、ズルズルと打ち合わせが進んで、もう引き返せないなぁってとこまできてから「あ、そういえば今回のギャラなんだけど1万円でどうだろう?」って先方から「うわ、安い」って金額が急に提示される。
いまさら「そんな金額だとやれないです」とも「だったらやめます」とも言えず、なんとも割に合わない仕事をしてしまったこともあります。
(今思えば、あれって何だ?! 詐欺か?! そういう処世術なのか?!)

だからこそ、ボクは最初の打ち合わせや下見で、

いきなり具体的なお金の話をします。

その方がお互い、やるか/やらないかの決断を早くできるから。
足元の探り合いなんかに費やすコミュニケーションなんて時間のムダです。
昨日食べたカレーの味はどうだったかを人に伝えることよりもよっぽどカンタン。
数字化できることはサッサとしちゃった方がイイのです。

「ボクならこれくらいの金額で請け負う」とか「予算は決まってますか」とか、例外はあれども初見で言わせていただきます。
政治も仕事も、お金の部分はいつだってクリアでありたいものです。

ボクは日頃、なるべくお金に依らない生活をしているので(電気・ガス・水道は契約せず、自分で建てた家に住んでるから住宅ローンもなし)、お金に対する沸点は低いです。100円拾うだけで、飛び上がります。(一般の人が1,000円拾ったときの感覚とほぼイコール)

だから、世の中の相場よりもだいぶ安い支払いでも満足するだろうと思われてそうな節もある_笑

そう、我が家うちみる低収入・低支出・低負荷なライフスタイルを提案&実践しておりますゆえ…

でもね、

そこはちゃんと頂きます。(一般的なレートで)

なにおー! それじゃ、

「高」収入・低支出・低負荷

になって、ズルいじゃないか、金持ちになるじゃないか!
…と、思った人は…

どうぞ真似してください(^^)

ソーラーパネルで発電して、ロケットストーブで調理して、湧き水を掘って、自分で家を建てましょう。

農薬や化学肥料を使わない、畑をやってみましょう。

物を大事にして、なるべく買わずに自分で作ってみましょう。
(そうするとゴミ出し回数が激減しますよ!)

一人では難しかったら、家族や友人と協力してちょっとずつでもいいからやってみましょう。

夏のオープンキッチン
廃材で作るロケットストーブ2基で調理する
自然栽培のスナップエンドウは生で食べてもウマい
先人が残した道具をもらい受け、それを磨いてまた使う
はじめての廃材建築
みんなで棟上げしてくれた
これが完成したものが現在の住まい

時間はかかるけど、きっとうまくいきますよ^^

「自給自足フィールド:うちみる」では、そんなアナタの生活シフトに欠かせない講座やワークショップも随時受け付けています。(宣伝、二度にもわたる宣伝)

そんなこんなで、ボクという面倒臭い人間のこれからのオシゴト、ご興味ある方はお問い合わせくださいませ〜!

うちみるWEBサイト(外部リンク)のメールフォームにて!
SNSでお繋がりがある人はそちらのメッセージからでもOKです。