赤裸々な会社経営

2018年もすでに半分が過ぎ、俺はこんなことに没頭中。

  • LINEで送る

いや〜、光陰矢の如し!

時が経つのは早いね。
幸せなひとときだったり、何かに熱中してるときって、ほんと急に未来にワープするみたいに時間が経過してる。

うーん、2018年も半分が過ぎようとしています。

最近はこれまでのオシゴトもすっかり辞めて、ずーっと嫁さんと「うちみる」してて、楽しく世界を救う我が会社ごっこはすっかり放置ング(ToT)!

とてもすみません。

でも、うちみるを始めてみて、やはり何をするにも基盤が必要だなって実感する。

特にうちみるは、人間の根本を見直すような自給自足を目指すプロジェクト。
時間はかかるけど、こんな確実で強い生き方&基盤は無い。

これを確立することで何にも屈すること、臆することなく、他のアホな(マジメなのもあるよ)プロジェクトを推し進めることができるような気がスゴくしてます。

まぁ、どうか気長に付きやってくださいm(_ _)m

今やってることはいずれ必ず陽の目を見るし、この、小さいけど強く回る歯車はいずれ大きな歯車も回すことになると思う。

まぁそんなこんなで今年の半分を振り返ってみようじゃないか_笑

1月

2018年はyamaanで、お餅を焼くところから始まった。

薪ストーブの上でどんどん膨らむお餅は我らの夢のようであった☆

 

春が訪れるまでの間、これまでコツコツとためこんだ廃材で大きな家を作ろうということで、ひたすら大工作業。

マイナス気温でも素手で仕事。(人間てのは状況と気の持ち様によってはなかなかに強いもんだ)

 

後から間取りや構造で嫁さんとケンカになってもイヤだから、模型も作った。

およそ100平方メートルのロフト付き平家屋デス。

 

2月

そして、なんとこのタイミングで嫁さんが妊娠!

お互い初めてのことだから、ソワソワな日々を送る。

 

とにかく前進あるのみ。

まずは家族が住める家を作るのだー!

 

畑のテコ入れ1年目。

冬の人参。無農薬・無肥料でもこんないいものが採れた。

 

3月

やれどもやれどもなかなか減らず、目の前に積み上がる廃材たち。

いつになったら終わるんだろう_汗

 

四の五の言っても始まらない。

かじかむ手に息を吹きかけて手を動かし、仕事を木に刻み付ける。

このころ、天の恵みか、ご近所の大工さんと知り合い、いろいろと御指南も受け、さらには不要になった電動工具も頂き、作業スピードがアップ!

 

寒い中、わざわざお手伝いに来てくれる稀有な人も!

昨年の「うちみるフォーラム2017」で知り合った十和田市の仁木さん。

定期的に手伝いに来て頂いてます!

そんなみなさんのご厚意さまさまです。

ホントありがとうございますm(_ _)m

 

気づけば継手の加工も難易度を上げて。(追っ掛け台持ち継ぎ)

やはり実践こそが最大のトレーニング。

 

まだまだストーブで暖まる日々。

残った炭で焼くクルミのパンが美味い。

 

クルミはうちの林に生えているオニグルミ。

割るのには骨が折れるけど、パンにして焼くとなんとも滋味深い風味を出してくれます。

 

4月

だいぶ気温も緩み、今年からの新たな試み。

ミツバチの巣箱を設置しましたぞ!(敷地内5箇所)

自然との共生プロジェクト。うまくいけば濃厚な自然そのままの甘味料を手に入れることができます。

未だにご入居なし。…気長に待つとしましょう。

 

家づくり、梁の加工も架橋へと突入!

とにかく手を動かし、その仕事を木材に刻むのみ。

 

嫁さんもお手伝い☆

非力ですが、頑張ってトントンカンカンやってくれました。

 

廃材建築の醍醐味…

それは磨けば光るということを実感できること。

例えばこんなに汚れてるような木材が…

 

カンナがけとサンダーで磨くとこんなに綺麗に。

自然物は時間をかけて、その体を幾重にもわたって構成しています。

汚れているのはほとんどその表面だけだから、それを削ってやるだけで新品同様のお肌が顔を出してくる。

人工的な集成材やパネルはこうはいきません。

そういったものは表面だけキレイに見せる加工をしてるので、削れば削るだけボロが出る。

世の中の真実が見えてきます_笑

 

5月

日差しも強まり、太陽光発電も好調!

晴天時ならパネル1枚でも十分な電力を供給できる。

 

晴天時はここぞとばかりに電動工具のバッテリーをフル充電☆

 

家づくりの基礎部分を作るにあたり、現場の水平と直角を出すための「貫き」(ぬき)を設置。

これも十和田市の仁木さんとやりました。

 

そこに水糸を張り、独立基礎(コンクリの束石)を埋めるための穴をひたすら掘る。

これがまぁしんどい。全部で40個以上もある(*^^*)

さらに過去、この土地に大量の砂利が入れられたようで、その砂利の層を掘るのが激烈に大変だった。

 

なんとか設置完了。

しかし、ここからの微調整にまた時間がかかる。

ちょっとしたズレをひとつひとつ修正していった。

 

6月

木材加工はまだまだあるけど、土台も設置したことだし、ここで一旦、梁を仮組みすることにした。

これまで積み重ねた手仕事同士が繋がっていく感動を味わう。

 

梁の大半は極厚の古材。

一人で運べない重さなので、またまた仁木さんと共同作業!

 

イマイチ組みにくいようなところは、その場で削って調整。

そういった作業を実際の棟上げ中にやるのは不安定で危ないし、時間も奪われる。

それを回避するためのこの仮組みです☆

 

仮組み終了の図。

重たい部材をたくさん運び、疲労度だけは立派に棟上げしたのと同等_泣

 

本当はちゃんとした棟上げを5月中にやる予定だったけど、6月が終わってもまだ部材加工中。

もはや焦ってもうしょうがないと、梁に彫刻して楽しんでる_笑

 

棟梁の俺がそんな状況だから、今年の畑はすべて嫁さんにお任せしてしまっている。

妊娠後期、頑張ってくれてますm(_ _)m

 

家づくりに使うレンガも地産地消したいと、日干しレンガも作ってみた。

青森市からリエさん、同町からアリヤさんがヘルプに来てくれました☆

 

土は、うちみる湧水拡張工事で出てくる粘土質の土を使う。

掘って邪魔になってしまう土を有効活用☆

混ぜる砂は八戸の白浜海岸から持ってきた。

 

繋ぎ材で入れるワラも、実家の稲作(減農薬米)で出てくるもの。

この地球で生まれた自然物の中に、ゴミになるようなものはひとつもない。

 

あとは廃材で作った型枠に入れて…

 

ビニールハウス内で乾燥!

これらはうちみるの家の土間回りやカマド、ロケットストーブなどの施工で使う予定。

また、うちみるから出てくるこの粘土は、家の土壁にも使いたいので、余るどころかむしろ足りないくらい(*^^*)

もし、ご覧の方々で近々土壁の古い家や小屋を取り壊す予定がありましたら、解体や整理処分のお手伝いをしますので、土壁を下さいませm(_ _)m!

土壁は水で捏ね直せば再利用が可能なんです☆

繰り返し使えて、すんなり土に還るなんて! 素晴らしい素材です!

 

そんなわけでして、全然我が社の会社ごっこできておりませんが、なんとか生活の基盤を築くべく、ミツバチのようにせっせと動いております。

このぶんじゃ、冬もあっという間にやってくるんだろうなぁ。

とにかく前進あるのみ!

今年も行けるところまで行きますよー!

 

  • LINEで送る

 

あれから2年、元気な男の子を授かりました!

2年前、僕は思い切ってお嫁さんを募集した。 そしたら人生の目標を共有できる素敵な人と会うことができた。 数ヶ月…

2018年もすでに半分が過ぎ、俺はこんなことに没頭中。

いや〜、光陰矢の如し! 時が経つのは早いね。 幸せなひとときだったり、何かに熱中してるときって、ほんと急に未来…

珈琲豆を自家焙煎してみた

2年前のプレゼン@はただ酒店以来、すっかりファンになった野口さんのコーヒー。   おかげでそれから毎…

あけおめで、メルマガ配信終了のお知らせ

あけましておめでとうございます! 年明けというのはなんとうか、新しいことが始まる予感がしますよね☆ そんなとき…

人事部からのお知らせ:2017

お久しぶりです! しばらくホウチング(放置)してしまっておりましたが、我が社関連の記事をー! お嫁さんが来てく…